カント哲学をはじめて学ぶ人にオススメの翻訳書&解説書

『プロレゴメナ』『カント哲学の核心』『道徳形而上学の基礎づけ』
目次

『純粋理性批判』を最初に読んではいけない!

前回の記事「カント哲学をはじめて学ぶ人にオススメの入門書」で紹介した入門書でカント哲学の全体像がわかったら、次はいよいよカント自身の著作にいどんでみよう。

ここで、いきなり『純粋理性批判』を読もうとする人がいるかもしれないが、ちょっと待ってほしい。

たしかに、カントの著作のなかで、その哲学を理解するのにもっとも重要なのは『純粋理性批判』で間違いないのだが、難解きわまりないがゆえに、最初に読むべき著作ではないと、ぼくは思う。

実際、ぼくは大学生のとき、気軽な気持ちで『純粋理性批判』(岩波文庫版)を読み始め、すぐにめまいに襲われた経験がある(汗)

あれは、ほんとうにひどいめまいだった(笑)

ヘタをしていたら、〝カントアレルギー〟をわずらっていたかもしれなかった。

せっかく哲学、しかもカントに興味をもった人が同じ〝症状〟をわずらってしまうとしたら、それはあまりにもったいなさすぎる。

だから、『純粋理性批判』、さらに言えば『実践理性批判』『判断力批判』は、カント哲学の基本構造をしっかり身につけてからいどんだほうがよい。

では、カントの著作をはじめて読むなら、どれを選ぶのがよいであろうか?

オススメの翻訳書と解説書は?

『プロレゴメナ』『カント哲学の核心』

ぼくが、最初に読むのをオススメするカントの著作は、『プロレゴメナ』である。

この著作は、『純粋理性批判』の内容をカント自身が要約したものである。

つまり、カント哲学の核心が凝縮されているということだ。

なぜカントがそんな著作を書いたのかと言えば、『純粋理性批判』が提起した問い――〝形而上学がほんとうに可能かどうか〟――が当時の知識人たちにまるで受け取られず、しかもその内容が誤って受け取られたため、その問いと内容をより簡潔に伝えようとしたからである。

簡潔ゆえに、『純粋理性批判』のボリュームと比較すると、かなりスリムである。

〈簡潔でスリムになったのだから、当然、読みやすくもなっただろう〉

誰しも、そう思うはずだ。

しかし……

たしかに『純粋理性批判』にくらべれば読みやすくはなっている。

だが、やはり難解である(汗)

そこで、副読本としてオススメするのが、『カント哲学の核心』だ。

前回の記事「カント哲学をはじめて学ぶ人にオススメの入門書」で紹介した『自分で考える勇気』の著者・御子柴善之(みこしば・よしゆき)氏による著作である。

プロレゴメナ』に即して、ポイントとなる文章を引用しつつ、ていねいな解説が加えられていて、大いに役立つ。

御子柴善之氏が『プロレゴメナ』をまるまる1冊、講義する授業を受けているかのような感覚で読める。

本書『カント哲学の核心』を片手に『プロレゴメナ』を読んでいけば、入門者であっても、カントの著作を挫折せずに読み通すことができるだろう。

『道徳形而上学の基礎づけ』

カントは『純粋理性批判』で、その哲学の基礎を打ち立てたが、その基礎の上に築かれたのが、カントの倫理学である。

そのカント倫理学のもっとも重要なエッセンスが盛り込まれているのが、『道徳形而上学の基礎づけ』だ。

出版社によっては、『道徳形而上学原論』(岩波文庫)『人倫の形而上学の基礎づけ』(中公クラシックス)という書名になっている。

本書『道徳形而上学の基礎づけ』では、カント倫理学の道徳原理である「定言命法」が語られる。

どんな条件であっても、〝~せよ〟とせまる道徳的な命令である。

〝もしも~ならば、~せよ〟という条件つきの命令=「仮言命法」を認めない。

カント倫理学に妥協はないのである。

多少読みづらいかもしれないが、本書『道徳形而上学の基礎づけ』で、そうしたカント倫理学の厳格さに触れてみてほしい。

『プロレゴメナ』『カント哲学の核心』『道徳形而上学の基礎づけ』

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

シェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次